みなさん、ごきげんいかがですか。
秋の風がさわやかに吹いてきて、心地良さを感じられる季節が
やってきましたね。
ちょっと肌寒くってカーディガンが欲しいような、そんな季節。
寒い寒い冬が来る前のほんのひとときだけど、この秋の空気を
しっかりと楽しんじゃおうと思っています。
でも、風邪をひかないようにお互い気をつけないとね…。


ところで、先日あるテレビ番組のロケで、愛知県半田市に行って来ました。
その日の最初の撮影は彼岸花が一面に咲いている土手の上を私が歩いているところの撮影で
ロングでのショット。カメラさんは私から遠く離れた所にいて、スタートの合図で歩き始めるのです。
もちろん、他のスタッフも私の近くにはいないわけで、はたから見たら撮影を
していることすらわからないような状態。
その日は彼岸花を見にたくさんの人が来ていて、何人もの人たちとあいさつをかわしたり、握手をしたり…。
そのたびに撮影は中断してしまっていたのですが、でもそうした出逢いも私にとっては楽しみのひとつ。

そんなのどかな風景の中で、私はとても愉快なおばさまたちと出逢ってしまったのです。

私が彼岸花の咲く土手の道をカメラに向かって歩いていると後ろから
「あら、なあに?撮影かなにかしてるの?」
「はい。そうなんです。テレビの番組の撮影なんです」
「何ていう番組?局はどこ?」
「NHK-BSの『名作はポケットに』っていう番組です」
「えー!NHKなのー。すっごーい。ねぇ、ねぇ、写真撮ってもらってもいい?だってせっかくなんだものー」
「ええ、もちろんいいですよ」

またまた撮影は中断してしまうけど…「せっかくなんだものー」というおばさまの声には
答えてあげなくっちゃー。

「えーとね。ここを押せば写るからね」
「え?あのー。え???わたしが撮るんですか?」
「そう。そう。」
(ああ!私と一緒に撮るんじゃなくって、私がシャッターを押す係ってことなんだ。これは…)

そのおばさまたち、ほんとは4人グループだったんだけど一人の方は照れくさそうに
「いい。いい。わたしはいいから…」
と遠慮して少し離れたところで私達の様子を見ていたのです。
そして、その他の3人のおばさまは「あらー、せっかくなのにねぇ」
と言いながら、彼岸花をバックに寄り添って並んで私の持つカメラに向かって
ニコニコとほほ笑んでいました。

私はおばさま3人組に
「では、撮りますよォ〜。」と声をかけてから
「はい。いきまーす!」
カチャリ!!  ジィ〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ………。

なんと最後の一枚だったようで、フィルムは巻き戻って無事に記念撮影終了。
なるほど、「写真撮って!」って言うのは、必ずしもいっしょに写るっていうことではないもの…ね。

でもなかなか楽しい出来事で、私の心の中はなんだかとってもなごやかで穏やかな感じでいっぱいでした。

「テレビ、ぜったい見るからー。がんばってねー」
おばさまたちはカメラを大事に持って元気いっぱいに手を振って去っていきました。

あの写真きれいに撮れてるといいんだけどなぁ〜。
今回のお返事BOXは『秋の超特大バージョン』でお送りしたいと思います。
第1弾〜第3弾に分けて随時更新してお送りしますので、お見逃しがしなく!!












Copyright(c)2001 FER EAST COMPANY Allrights reserved
このサイトの写真及びデータの無断転載を禁止致します。
問い合わせはinfo@fareastcompany.netまで